• プロフィール

    アドル

    Author:アドル
    アイデアは、いろいろと思いついていますが、なかなか行動に移せないでいます。忙しいわけではありません。単にやる気が足らないだけです。なので、今、やる気を出す方法が考え中です。←

  • 訪問者カウンター

  • 現在、応援しているアニメ 1

    大人が泣けるアニメです。むしろ、子供以上に泣いてしまうかもしれません。 監督は、魔女の宅急便の助監督だった人。私が見た感想は、こちらです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2008/08/25(Mon)

カルドセプトDSの切断対策について

「カルドセプトDS」

ウェブカルドセプトDS(特典付)|セガSTORE
ttp://ebten.jp/sega/p/4974365910549/
カード&ボードゲームの名作がニンテンドーDSに登場!
『カルドセプトDS』は対人対戦がアツい

私が(密かに)気になっているタイトルの1つ。
久しぶりに「Wi-Fi対戦で、存分に遊びたい」
と思っていたので、ちょっと期待しています♪

記事には書かれていませんが、(ファ○通を読んだ限りでは)
懸念される切断対策として、DS版ゼルダに導入されていた(今作では
「マナーレベル」と呼ばれる)機能が搭載される予定なんだそうです!!

最後まで対戦しない(=途中でやめる)と、リンクの表情が
笑顔から徐々に「険しい顔になってくる」というアレです(笑)

『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』通信対戦の模様を動画でお届け!

今作では、それが「お天気マーク」に変更されており、
途中で切断をしてしまうと、晴れから曇りに変化して
なんと、通信がしずらい環境に変わるというのです…。

正確に言うと「対戦マッチングがしずらい環境」になるとか。
具体的にどのようなことが起こるのか分からないのですが…。
まぁ、ある種の「ペナルティが課せられる」ことになる
のでしょうから。これで少しは良くなるのかも知れません。他にも、いろいろと楽しむための要素があるので紹介します♪
だれでも対戦では、いくつかのフロアに分かれているのですが。

「ビキナー」という初心者用の部屋は、ポイントが一定以上で
遊ばなくなるそうです。 Σ( ̄□ ̄;)なんだって!!

これによって、プレイヤーはその「熟練度に合った場所」へと
誘導されていき、自分のレベルに近い対戦相手を検索できます。

今作では「コミュニケーション機能」も充実しております。
いくつかあるアイコンから2つを組み合わせて表示できる、
アイコンチャットは、どちらのWi-Fi対戦でも使用可能です♪

さらに、ともだち対戦では「ボイスチャット」も使えるので
対戦中にワイワイと楽しくお喋りしながら遊ぶ事もできるし、
対戦終了後にブックの戦略について語り合うこともできます。

大宮ソフトによる公式ブログ
ttp://www.omiyasoft.com/culdcept_ds_notes.html
通販サイトの情報
ttp://item.rakuten.co.jp/edigi-game/jan-4974365910549/

私は、この充実ぶりに感激してしまって購入を決めたのですが。
(よろしかったら)皆さんも検討してみませんか? (o^-')b

<WiFi通信の可能性について>

上記のソフトのように、「情報量を増やして
それに対処したり、抑制したりしていこう!」
という試みもあれば。

スマブラのように切断されてもコンピューターが
代わりに対戦してくれたり、プレイヤーの勝敗履歴
が全く残らないことによって、楽しむことだけに集中できる。

現在、スマブラXでは馴れ○いが横行しているそうだが。
それは「協力プレイに対する期待の現れ」ではないか…。

突撃!!ファミコンウォーズVSでもそうだったのだが。
コミュニケーション機能がなくとも、やるべき事は
互いに分かっているので、自然と意思疎通ができた。

*突撃!!ファミコンウォーズVSには、(知らない者同士で)
「協力して挑むことのできるミッション」が4以上ありました。


これが実現されることで、遊びの自由度が大幅に広がるのだ。

<追記>

Wi-Fi対戦における切断対策(ブログ) 

カルドセプトの切断というキーワードで、
来る方が多いので、それについて、調べている
方のリンクを乗せておきます。

私の記事では、不十分だと思ったので。(^^;
私も別にこれ以上、調べる気がなかったので。←
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : ゲームニュース |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。