• プロフィール

    アドル

    Author:アドル
    アイデアは、いろいろと思いついていますが、なかなか行動に移せないでいます。忙しいわけではありません。単にやる気が足らないだけです。なので、今、やる気を出す方法が考え中です。←

  • 訪問者カウンター

  • 現在、応援しているアニメ 1

    大人が泣けるアニメです。むしろ、子供以上に泣いてしまうかもしれません。 監督は、魔女の宅急便の助監督だった人。私が見た感想は、こちらです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2014/02/15(Sat)

大分で、「雪国」を存分に味わった。

先日、大分では、信じられないぐらいの雪が降りました。
おかげで、家に帰る時に、バイクを押して帰るはめになって、
大変でした。
どこかの変わり果てた風景

帰る途中、お店の近くで、休憩していると、
若者が「雪ヤベー!!」とか言って、ハイテーション
になりながら、雪だるまを作ってました。

私は、痛くてたまらない手をホットな飲み物で、
暖めながら、変わり果ててしまった見慣れた風景に
唖然としていました。

でも、それは序の口でした。

私は、その次の日、朝刊を配達に出かけたのです。
配達先で見た光景は、私の想像を軽く超えてました。

分かりやすく、説明すると、テレビでよく見る、
「雪国」の景色でした。

でも、私は何も分かっていませんでした、
雪国が、どういう場所であるかを…。


まず、第一にバイクを上手く走らせることが出来ませんw
一度、車が通った場所なら、溝が出来ているので、
そこを通れば、進めるのですが。

方向展開する時には、溝から出ないといけないので、
バイクで、ぐるっと、回ろうとするのですが、
上手く回れず、止まってしまいます。

一度、止まってしまうと、バイクの力では、
進めなくなるので、自分の力で、「おりゃー」
とバイクを押すのですが、タイヤが、雪に
埋もれているため、相当な力が必要になり、
物凄く疲れてしまいます。

方向展開するたびに、こんなに疲れてしまっては、
体がもたないと思い、バイクを適当な場所に置いて、
新聞を持って、走ることにしました。

しかし、それがまた疲れる。
雪が想像以上に積もっていて、走るたびに
ズボズボと足が雪の中に入ってしまいます。
「こんなのやってられない」とか思いながら、
配達を続けました。

一度、バイクで、こけたのですが、
雪がクッションになったので、全然痛くなかったです。

なので、雪国でよくやっている、雪の中にダイブ!を
やりたくなったのですが、もう既に明るくなってきて
いたため(6時半)、人が結構歩いていて、人目が
気になってしまい、あきらめましたw

というか、新聞の配達が全力で遅れている状態で、
そんなことをしていては、世間の皆様から、
怒られてしまいます(汗)だから、やめました。

配達を続けていると、いきなり、私の近くにあった木が
音とともに揺れました。「一体、何が起きたんだ」
と思って、近寄ってみると、折れた木の枝が転がってました。
しかも、結構なサイズです。

「……。これは、もしや!雪の重みで、
木の枝が折れたと言うことか!!」

その事実に気づいた私は、辺りを見回しました。
私の周りには、雪の重みで、ぐにっと曲がっている、
木がたくさんあり、私は一気に恐怖に駆られました。

はっきり言って、あのサイズの木の枝が折れて、落ちてきたら、
下手すると、怪我では、済みそうにありません。

私は、頭上を気にしながら、配達を続けました。

周りは、雪だらけ。見慣れた風景が一変し、
まるで、違う土地にいるかのようです。
おかげで、「あれ、どの家に入れるんだっけ?」
と思うことがありました(笑)

しばらくすると、かなり明るくなってきて、
人をたくさん見かけるようになりました。

そりゃ、そうです。もう既に、8時を過ぎてました…orz

皆さん、歩いています。車よりも、歩いている人の方が
多いです。子供が、雪で遊んでいます。楽しそうですが、
私は今、仕事中です。

人に出会うたび、物珍しそうな目で見られます。
そりゃ、そうでしょう。この時間に、活動を開始
する人は、新聞配達員など、見かけることはないでしょうから。
しかも、配達途中の新聞配達員など…。

配達していて、気づいたことがあります。
どうやら、大分では、雪が降ることを想定
していない建物が多いのでしょう。

雪の重みで、折れてしまっている、駐車場の屋根を
見かけました。しかも、新しいように見えます。

これは、雪を降ろす作業をしなかったことも
影響しているのかもしれませんね。雪国って、大変。

恐怖に駆られたと言えば、配達中、何やら、
音がするんです。「どすん」と。

雪がいろんな建物の上から、落ちてきているみたいなんです。
というか、一軒家の屋根の雪が雪崩みたいに、一気に
大部分が落ちていくのを目撃しました。

「あの攻撃を受けたら、ひとたまりもないな」と
思いました。でも、配達員である以上、家に
近づかないわけにはいかない。恐怖に耐えながら、
配達を続けました。

やっと、配達が終わったのは、8時半ぐらい。
雪国の大変さを味わわされた日になりました…。

「明日の朝には、全部溶けていてくれ…」
と願わずにはいられませんでしたが、幸いに
願いは叶って、辛うじて、バイクを走らせる
ことができるようにはなってましたw

というか、ショックだったのが、新聞販売店の
周りには、全くと言って良いほど、雪がなく、
さっきまで、雪と格闘していたことが、夢だった
ように思えたことです。まるで、狐に化かされた?
ような気分になりました。こんな気分は、初めてです。

どうして、こんなに大分市内で、違うんだー!と
叫びたいぐらいでした。

どうやら、海側の土地は、雪が降りにくいようです。
というか、第二にショックだったことが、私の配達
エリアが、あの辺りでは、一番雪が積もっていた場所
であるということです…orz

「こんなことって、あるのかよ!」という感じですね。
まあ、おかげで、普段は、見ることもないような風景を見れましたし。

あの辺りの子供たちは、とても楽しそうだったので、
むしろ、あんな光景を見るという経験が出来て、
良かったのではないでしょうか。

ということで、めでたしめでたし。

…って、結局、私自身は、全然雪で遊んでない!!
何十年に、一度のイベントを楽しめなかった!!……うわあああ!!!

おわり

<余談> 新聞は、そもそも店に届いたのが、遅くて、
4時50分ぐらいでした。5時半ぐらいに、店を出たので、
3時間ぐらい配っていたことになります。

普段は、1時間半で終わるコースなので、
1時間半、余分にかかったという事になります。
私としては、あの状況を考えると、このぐらいで
済んだことは、まあまあな感じがします。

でも、新聞配達が8時半まで、かかってしまったことに
変わりはないので、お客さんには、申し訳ない気持ちですね。

雪の中で、配達するのって、コツがいるんだなーと
思いました。今回の経験を、次回に生かしたいと思います。
…でも、できればもう、こういうことは勘弁してもらいたいですね(^^;
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 日記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 降り始め

    写真の状態はこちらでは降り始め位です。
    その為、ノーマルタイヤ走る方もいます。(法律上、やってはいけない事ですが、夜のうちに積もったりしたらしょうがない?)
    軒先の雪も塊が落ちにくくする雪止めやヒーター付の設備等もあり、対策はある程度はしてあります。
    毎年の事なのでこの程度かな?と思う事もあります。
    なれてないと色々と大変ですね。
    怪我しないよう気を付けてくださいね。

    ハナちゃん、あいちゃん 雪を見て興奮気味です!
    この前、札幌の雪まつりを見に行ったのですがはしゃいでました。というのは建前で、本当は私とお嬢の二人が興奮気味でした(笑)
    ラーメンも美味しかったです。

    大分も美味しい物が多いようなので行ってみたいところです。

  • Re: 降り始め

    > 写真の状態はこちらでは降り始め位です。
    > その為、ノーマルタイヤ走る方もいます。(法律上、
    > やってはいけない事ですが、夜のうちに積もったりしたらしょうがない?)
    > 軒先の雪も塊が落ちにくくする雪止めやヒーター付の設備等もあり、
    > 対策はある程度はしてあります。
    > 毎年の事なのでこの程度かな?と思う事もあります。
    > なれてないと色々と大変ですね。
    > 怪我しないよう気を付けてくださいね。

    東北は、もっとですか!…さすがです。

    本場と比べると、少ないかもしれませんが、
    こちらでは、雪が降ること自体がまれなので、
    雪が積もることに対しての備えをしている人は、
    ほぼ皆無ですね(^^;

    だからこそ、今回のことで、雪国での雪対策は、
    ちゃんと考えられているなあ、と感心している次第です。

    上から降ってくる雪の塊は、直撃すると、確かに怪我をしそうでした!
    そういう設備は、大切ですね。

    > ハナちゃん、あいちゃん 雪を見て興奮気味です!
    > この前、札幌の雪まつりを見に行ったのですがはしゃいでました。
    > というのは建前で、本当は私とお嬢の二人が興奮気味でした(笑)
    > ラーメンも美味しかったです。
    >
    > 大分も美味しい物が多いようなので行ってみたいところです。

    確か二人は、12年12月頃に、生まれたんですよね。
    それじゃあ、もう1年2ヶ月になるんですか、早いですねえ。

    私の1歳6ヶ月ぐらいになる、姪っ子が
    ぽつり、ぽつりと喋るようになり、自己主張を始めたので、
    白雪姉妹さんのお子さんは、歩き回り始めたぐらいでしょうか。

    二人が好きな所に歩き出すと、大変そうですね。
    夫婦で、一人づつ受け持つ感じでしょうか。
    性格の違いが見え始めたら、それもまた楽しそうですね。
    お父さんっ子になるか、お母さんっ子になるか、見所ですね(笑)

    今のうちに、全力で思い出を作っておけば、きっと大丈夫。
    大きくなって、「お父さん、嫌い」というようになったら、
    私だったら、きっと泣いてしまうでしょう!(あ

    女の子でも、思い出をいっぱい作れば、
    きっと、大きくなっても、お父さんと仲良く
    いてくれるはず…です!

    今が頑張り所です、ファイトです。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。