• プロフィール

    アドル

    Author:アドル
    アイデアは、いろいろと思いついていますが、なかなか行動に移せないでいます。忙しいわけではありません。単にやる気が足らないだけです。なので、今、やる気を出す方法が考え中です。←

  • 訪問者カウンター

  • 現在、応援しているアニメ 1

    大人が泣けるアニメです。むしろ、子供以上に泣いてしまうかもしれません。 監督は、魔女の宅急便の助監督だった人。私が見た感想は、こちらです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/09/02(Sun)

おおかみこどもとハウス食品CM

最近になって、ハウス食品とおおかみこども
がコラボしたCMが結構頻繁に流れていますね。

あれを見て、ちょっと感動しました。
細田守監督は、もうあそこまで来たのかと。
扱いとしては、ジブリ並じゃないですか!

実際の所、興行的にも近年のジブリ作品に
追いつきつつあるそうで、これは期待できそうです。

内容も評価されていて、今の人に向けた
メッセージがちゃんと伝わっている様子。


ジブリは、彼を後継者に選ばなかったことを
きっと後悔していることでしょう。
でもまぁ、作風がジブリとは違う気がするので、
始めから、無理な話だったのかもしれませんね(^^;

あと、さっきのCMの話ですが。
なかなか内容も良かったですよ。

あの場面は、本編の映像なのかな?
見ていないから、分からないけど。
それとも、わざわざ作ったのであれば、
すごいなぁと。

というよりも、CMの中に彼が立ち上げた会社
であるスタジオ地図の表記があったのが気になります。
アニメーション制作と書いてあったような…。

あの会社って、企画&著作権管理の会社だと
思っていたので、本当に作ったのであれば、驚き。


やはり、ジブリを目指すのか…。
確かに、絵柄を変えないことで、ブランドとして
成立させているように見えるけれど、でも、それだと
まだちょっと一般層に覚えてもらうには、弱いので、
会社名がブランドとして欲しい所…。

監督の名前なんて、あんまり覚えないし、
監督1人がそんなにぽんぽんと作品を出せないので、
会社を作り、同じ方針の人に何か監督してもらって、
ブランド力を維持…という形が良いのだけれど。

そうするのかなぁ。他の大手のアニメ会社も
アニメ映画を作るけど、方向性を絞ってないから、
ブランドとして、成立してないし。

やはり、そういうアニメ業界を象徴するような
会社は必要だから、ジブリがどうかなる前に、
ぜひ、ブランド確立して欲しいな。


はっきり言って、ジブリのやり方は、
お金が掛かるはずだから、このまま
興行的に減ってくると、どこかで必ず
今まで通りには、作れなくなるはずだから、
時間の問題かなと、個人的には思っています。

だからこそ、宮崎駿監督の息子を出してきたんだろうと。(笑)

ジブリは、今後どうなっていくかは、先行き不透明ですね。
恐らく、ジブリはこうあるべきというのが、あるだろうから、
新しいことは、やりずらいだろうし、大変だろうなぁ。
まぁ、それは、考えても仕方ないので、今日はこのくらいに
しましょうかね。(笑)
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : アニメの制作現場 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 時の流れ

    ジブリ作品は新作が劇場公開する度、劇場に見に行ってましたが、温泉を舞台にした作品以降行ってません。
    その作品中も寝てたりしてて半分位しか覚えてませんでしたので、DVDとかでチェックしました。
    ファンの方には申し訳ないです。

    日々新しいものにも挑戦してほしいところですが、そうもいかないのが世の常だったり(^^;

  • Re: 時の流れ

    > ジブリ作品は新作が劇場公開する度、劇場に見に行ってましたが、温泉を舞台にした作品以降行ってません。
    > その作品中も寝てたりしてて半分位しか覚えてませんでしたので、DVDとかでチェックしました。
    > ファンの方には申し訳ないです。

    確かに、あの作品から今までと違うことを始めましたからね。
    だから、そういう反応も仕方ないかも。

    でも、そうなると、毎回似たような感じになってしまうだろうし、
    何より、ネタが付きそうなので、どこかで新しいことをやる必要が
    あるのかもしれません。


    > 日々新しいものにも挑戦してほしいところですが、そうもいかないのが世の常だったり(^^;

    受け入れて貰えなければ、一応商売なので、
    成り立たないということですね。

    まぁ、それは大抵のもので言えることなので、
    それを言っても仕方ないですね。

    でも、もうちょっと評価してあげても良いのかなと思います。
    日本は保守的とか聞きますね。もうちょっと新しいことを認める
    社会になって欲しいかなと個人的には思います。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。