• プロフィール

    アドル

    Author:アドル
    アイデアは、いろいろと思いついていますが、なかなか行動に移せないでいます。忙しいわけではありません。単にやる気が足らないだけです。なので、今、やる気を出す方法が考え中です。←

  • 訪問者カウンター

  • 現在、応援しているアニメ 1

    大人が泣けるアニメです。むしろ、子供以上に泣いてしまうかもしれません。 監督は、魔女の宅急便の助監督だった人。私が見た感想は、こちらです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/05/16(Wed)

AMDとインテルの戦いが面白い。

4Gamer.net ― AMDの新世代APU「Trinity」性能検証。
3Dゲームベンチマークと基礎テストでその実力を明らかにする


AMDの新世代のCPUのノート用が発表されたようです。
記事を見ると、新世代のCPU「A10-4600M(ノート向け)」が
今の世代のCPU「A8-3820(デスクトップ向け)」と同じぐらいの
3D性能を持っていることが明らかとなりました。

これはどういうことかというと、ノート向けとデスクトップ向けでは
そもそも性能が違い、家庭用ゲーム機でいう所の携帯機と据え置き機
のようなもので、それが性能で追いついたということなので、凄いことです!!

普通、ノート向けは、バッテリー駆動の関係で、デスクトップ向け
よりも性能を落としてでも、消費電力を低めに設計されるものなのです。

ですから、これには驚きました。技術の進歩って早いですね!
記事では、インテルの新世代のCPU「Core i7-3770K」と比べてますが
これは、デスクトップ向けなので、ちょっとややこしい感じになってます。(^^;

A10-4600M=A8-3820=Core i7-3770Kという感じなので、
インテルは、新世代になって、今のAMDのCPU(の
GPU機能)に追いついたということでしょうか。

う~ん、ややこしいですねw

とりあえず、両者の特徴をまとめると。

インテルのCPU機能は、LV3。AMDのCPU機能は、LV1。
インテルのGPU機能は、LV1。AMDのGPU機能は、LV3。

という感じのようですね。

互いに同じ土俵で勝負しないのは、まるで
ゲーム業界の戦いを、見るがごとくですねw

ただ、CPUの機能は、これから苦戦していくのではないかと
個人的には思っています。なぜなら、CPUだけでやれることは
そんなになくて、高性能であっても、あまり意味をなさなくなって
くるのではないかということです。

例えば、ゲームは、CPUだけがいくら性能が良くても、出来ません。
つまり、CPUだけでは、あまり利点を活かせないのです。

それを考えると、今後はAMDのシェアが伸びてくると思っています。
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 家電関係 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。