• プロフィール

    アドル

    Author:アドル
    アイデアは、いろいろと思いついていますが、なかなか行動に移せないでいます。忙しいわけではありません。単にやる気が足らないだけです。なので、今、やる気を出す方法が考え中です。←

  • 訪問者カウンター

  • 現在、応援しているアニメ 1

    大人が泣けるアニメです。むしろ、子供以上に泣いてしまうかもしれません。 監督は、魔女の宅急便の助監督だった人。私が見た感想は、こちらです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/04/25(Wed)

たまには、クラシックでもどうですか?

最近、クラシックを聞いています。
と言っても、前から好きだったわけではなく、
見た映像で使われていたからという理由ですw

特に気に入っているのが、幾つかあって。
1つが、リストの「愛の夢、第3番」。
ttp://www.youtube.com/watch?v=UqgdOZn62js
ttp://www.youtube.com/watch?v=vqJpjDn4raU
パンドラの塔のPVに、使われていた曲です。

PVでは、歌詞も付いていたので、より心に響きました!!

2つ目が、バッハのG線上のアリアです。
こちらは有名なので、知っている人も多いと思いますが、
私は、(旧)劇場版エヴァで知りました。
ttp://www.youtube.com/watch?v=Ul1XyRIVUFs

これを聞いていると、とても安らぎます。
できれば、ずっと聞いていたいです…(ぁ

エヴァでは、思いがけない形で驚きました。
まさか、これを戦闘シーンで使うとはw
おかげで、とても印象深いシーンになっていたと思います。

3つ目が、ショパンのノクターンです。
ttp://www.youtube.com/watch?v=B3ZstnD2udw
これも聞いていると、安らぎので、良いですね。
ただ、これは何に使われていたのか、思い出せないんですよね;
聞いたことはあったので、使われていたのは、確かだと思うんですが。

ちなみに、好きな順番で言えば、
G線上のアリア、ノクターン、愛の夢ですね。
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 音楽関係 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 白雪姉妹

    実際にピアノやオーケストラで聞いた事があるのですが、迫力が違います。
    まあ、バイオリンの演奏者がそばにいるので生で聞くことはできたりします(^^;
    良い演奏は眠くなるらしいです。
    でも、コンサートに行った時は寝ちゃ駄目ですよ(笑)

    料理教室は思った以上に?苦戦してます。
    通うきっかけはお嬢の体のメンテのためです。
    つわりとか、栄養状態の管理のためです。
    何かと大変らしいので何か力になれればと思い通うことにしました。
    思った以上に女性が多いし、先生が美人だから我慢してたり(笑)



  • Re: 白雪姉妹

    > まあ、バイオリンの演奏者がそばにいるので生で聞くことはできたりします(^^;
    それはいいですね。ただで聞けることは良いことです(爆)

    > 良い演奏は眠くなるらしいです。
    > でも、コンサートに行った時は寝ちゃ駄目ですよ(笑)

    そうなんですか。ということは、眠くなるということは、
    クラシックの醍醐味を理解できているということですねw
    でも、その理屈で言うと、コンサートに行った時、(眠くなるから)
    苦労しそうですね(笑)

    > 料理教室は思った以上に?苦戦してます。
    > 通うきっかけはお嬢の体のメンテのためです。
    > つわりとか、栄養状態の管理のためです。
    > 何かと大変らしいので何か力になれればと思い通うことにしました。
    > 思った以上に女性が多いし、先生が美人だから我慢してたり(笑)

    奥さんのために、行くとは偉いですねー。
    確かに、その辺りができれば、何かと
    気を使ったりできるかもしれませんね。
    でも、そこで他の女性に目が行ってしまったら、
    本末転倒なので、気を付けて下さいね。(爆)

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。