• プロフィール

    アドル

    Author:アドル
    アイデアは、いろいろと思いついていますが、なかなか行動に移せないでいます。忙しいわけではありません。単にやる気が足らないだけです。なので、今、やる気を出す方法が考え中です。←

  • 訪問者カウンター

  • 現在、応援しているアニメ 1

    大人が泣けるアニメです。むしろ、子供以上に泣いてしまうかもしれません。 監督は、魔女の宅急便の助監督だった人。私が見た感想は、こちらです。

2011/05/29(Sun)

昔のナムコの良さが光る良作「風のクロノア」

Wii版の「風のクロノア」というゲームを
プレイしたので、感想を書きたいと思います。

■どこか懐かしい世界観

 今作は世界観がとても良いと思います。
 まさにファンタジーな感じで、どことなく
 懐かしい気がします。昔の「児童向けアニメ」
 のようなノリなので、今では貴重な存在だと言えます。

 世界観は独特でオリジナリティがあります。
 キャラクターは、仲間だけでなく、敵も可愛らしく
 丸っこいです。そのため全体的に良い雰囲気が保たれています。

架空の言語で、雰囲気バッチリ!!

 本編で話されている言語にも特徴があって、
 どこの言葉でもない「ファントマイル語」という
 言語が使われているため、ファンタジーな雰囲気を
 上手く醸し出せていると思います。

 でも、「アニメに親しんでいる人」のために
 今作では日本語バージョンも用意されています。

 これはこれで悪くないし、途中で何時でも変更
 することができるので、一粒で2度美味しい状態と
 なっておりますw

<操作はシンプル、Wiiリモコンだけで遊べる!!>

今作は操作がシンプルなため、Wiiリモコンの横持ちで
遊ぶことが出来ます。それだけでなく、ヌンチャクスタイル
やクラシックコントローラ、ゲームキューブコントローラまで
対応していたりしますw

<オリジナリティのあるアクション>

ゲーム内容は、シンプルだけど奥深いのが面白いです。
十字キーで移動、2でジャンプ、1で風だまを出します。

ここがこのゲームの面白い所で、主人公は、「風だま」
というのを出せるが、これは攻撃というより、捕まえる
アクションぽいのである。

風だまで敵を捕まえて(持ち上げて)他の敵や
物に投げて倒すのである。これが敵を倒す方法。
上から踏み付けて倒すことは出来ないので、注意が必要です(笑)

ジャンル的には、横スクロールアクションなのだが。
これの第1作目が出た時に、ちょうどCGグラフィックを
扱えるようになったためか、まるで螺旋階段を上るかのように
画面が面白い動きをするので、見飽きないです。

しかも、右・左だけでなく前・後にも向けるようになっているので、
それを踏まえたギミックがあったり、やり込み要素の探し物もそこに
あったりするので、面白さが倍増しています♪

ジャンプについてですが、敵を風だまで捕まえて
持ったままジャンプして、もう一度、ジャンプボタン
を押すと、2段ジャンプが出来るようになっています。

結構凝ったアクション・特殊なアクションのように
思えるかもしれませんが、これも基本アクションの
ような位置付けなので、出来ないと前に進めませんw

ちなみにこれは攻撃でもあります。2段ジャンプする時、
敵を踏み付けた感じで、上へと跳ぶので敵を下へ飛ばします。

これが敵に当たれば、攻撃になります。実はこれも敵を倒す
アクションの基本なので、これを使いこなすことは必須スキル
だと言えるでしょう。(笑)

<見た目よりも少し難易度は高い>

…ということで、「見た目とシンプルさ」をアイデアで上手く
面白さに変えている所が、任天堂と似ているなぁと感じますが、
ちょっとだけ難易度に差があるかなという気がします。

この作品は、ギリギリやっと上手くいく場面が多いので、
ちょっとゲーマー向けの難易度のように感じられました。

でも、主人公の耳が「翼」のような役割を果たして
ジャンプした後に、数秒だけ犬掻きのように飛べる
という難易度を下げる工夫もされているので、そこまで
ではないんですけどね…。

ただ、小さい子どもには難しいかなというレベル。
Wiiではマリオやドンキーコング、カービィなど
横スクロール型のアクションが大ヒットしているので、
もしかすると、これらのソフトが出た後に発売した方が
売れたかもしれませんね。

<こういうタイプは流行らせるのが難しい>

ただ、見た目的には明らかに子供向けな感じなのに
特に何もやってないから、今の子どもに全く知られる
ことがなかったから売れなかった気がしますね。

昔、遊んでいた人は、みんな大人になったでしょうし、
その多くの方は、もっと派手なゲームをやっているか、
ゲームを卒業しているでしょうから、やはり、プロモーション
の仕方に問題があったのかもしれませんね。

こういう一見すると、子どもしか受けなさそうなタイトルの場合は
やはり、子どもに知ってもらうための仕掛けを用意しないと今の時代
売れないみたいですね…。

<<シリーズの存続を希望する>>

今作は良い作品なので、売れなかったことが少し残念です。
この内容ならば、子どもに買ってあげても安心でしょうから、
ぜひ買ってあげて欲しい。そのためにも、まずは今作のことを
知ってもらおうと思い、レビューを書いた次第です。
関連記事
スポンサーサイト



Home | Category : ゲームの感想 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    この作品は知っていましたが、遊んだ事は無いです。
    キャラはナムコ×カプコンで見た事はあります。

  • Re: No Title

    > この作品は知っていましたが、遊んだ事は無いです。
    > キャラはナムコ×カプコンで見た事はあります。

    なかなか面白いですよ。横スクロール
    アクションが好きな方ならオススメです。

    でも、あんまり敵と戦うキャラっていう感じじゃないので
    どうして、その作品に出ることになったのか、気になりますね。

Home Home | Top Top