• プロフィール

    アドル

    Author:アドル
    アイデアは、いろいろと思いついていますが、なかなか行動に移せないでいます。忙しいわけではありません。単にやる気が足らないだけです。なので、今、やる気を出す方法が考え中です。←

  • 訪問者カウンター

  • 現在、応援しているアニメ 1

    大人が泣けるアニメです。むしろ、子供以上に泣いてしまうかもしれません。 監督は、魔女の宅急便の助監督だった人。私が見た感想は、こちらです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/04/08(Fri)

インドにも、ライオンが生息しているのは何故か?

ライオンと言えば、アフリカのサバンナにだけいるという印象ですが、
実は違います。「百獣の王」と呼ばれるだけあって、かつては、
広範囲に生息し、栄華を誇っていた時期があります。

西はヨーロッパ、東は北アメリカまで。

ヨーロッパライオンは、紀元前1世紀頃、
または、その前後まで生きていた可能性があります。

ローマ帝国は、闘技場という場所を作っていましたが、
当初は、このライオンを連れてきていたという話です。
しかし、途中でいなくなってしまったので、代わりに
北アフリカのライオンを連れてくるようになったとか。
…でも、そのライオンも1922年に滅んだらしいです;

バーバリライオンと言うのですが、いくつかいたライオン
の亜種の中で、一番「たてがみが立派だった」らしいです。
よければ、1度検索して画像をご覧になって見て下さいね。

それで、話しを戻しますと。
この話は、このままだと「いまいち信用されにくい話」だと思うので、
もう一つ情報を出したいと思います。実はその栄華を誇っていたという
名残として、かろうじてというか、かなりギリギリの状態ではありますが、
インドにライオンが今でも生き残っております。その名もインドライオン。(ぁ

見た感じ、あまりアフリカのライオンと見分けがつかないと思いますが;
それでも確実にインドにいるんです!!これはまごうことなき真実なのです!!(ぁ
ということで、皆さんもぜひこのことを周りに自慢しちゃいましょうw
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 自然関係 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    ライオンがインドにいたとは知りませんでした!
    勇者モノではライオンをモチーフにしたメカが多数登場します!
    私の好好きな勇者王ガオガイガーでもライオンを中心とした合体をします。
    古代ローマ、パンクラチオンでは殺し合いになったから。
    ライオン(猛獣)と戦い見世物まがいになったから辞めた!
    とのもっともらしい事が記されていますが、本当の所はローマ人では優勝できなくなったから辞めたらしいです。
    優勝したのは中国人(拳法家)との事です。

  • Re: No Title

    > ライオンがインドにいたとは知りませんでした!
    ええ、実はいたんです。凄いでしょう♪ (*´ω`*)

    > 勇者モノではライオンをモチーフにしたメカが多数登場します!
    > 私の好好きな勇者王ガオガイガーでもライオンを中心とした合体をします。

    そういえば、そうですね。やっぱり、ライオンは皆の人気者なんですね♪

    > 古代ローマ、パンクラチオンでは殺し合いになったから。
    > ライオン(猛獣)と戦い見世物まがいになったから辞めた!
    > とのもっともらしい事が記されていますが、本当の所はローマ人では
    > 優勝できなくなったから辞めたらしいです。
    > 優勝したのは中国人(拳法家)との事です。

    ほう、そうなんですか。まあでも、歴史物は後から覆されることが
    多いので、常に更新用のアンテナを頭に付けとかないといけませんねw
    個人的には事実がどうというよりもそれが面白いかが重要だったりします(笑)

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。