• プロフィール

    アドル

    Author:アドル
    アイデアは、いろいろと思いついていますが、なかなか行動に移せないでいます。忙しいわけではありません。単にやる気が足らないだけです。なので、今、やる気を出す方法が考え中です。←

  • 訪問者カウンター

  • 現在、応援しているアニメ 1

    大人が泣けるアニメです。むしろ、子供以上に泣いてしまうかもしれません。 監督は、魔女の宅急便の助監督だった人。私が見た感想は、こちらです。

2010/09/28(Tue)

また君と出会うために…「ワンダと巨像」

ワンダと巨像のTVCM
ttp://jp.youtube.com/watch?v=Tbg5WFx19rM
この戦いに勝つことで、僕は何を手に入れ何を失ったのだろう…

最後の一撃は、せつない。上田作品において、TVCMは一つの楽しみだったりします。
毎回、すごく魅力的に仕上がっているからです。ご覧頂ければ
分かりますが、ワンダと巨像も素晴らしい出来になっております♪

<購入のきっかけ>
私は前作の「ICO」をプレイしていたので、
上田さんのチームにはチェックを入れてました。

次回作を作っている、という情報があったので
とてもとても楽しみに待っていたのです…。

しかし、いざ発売日になると(残念なことに)
新作を購入するだけのお金が用意できなかった。

それでも諦めきれずに、ゲーム屋を回っていたら
一瞬、目を疑うような光景に遭遇しました!!

なんと、ワンダと巨像の中古が「初回特典付き」で、
売られているではありませんか。私はすぐに家に戻り
できる限り精一杯のお金を集めて、店に向かいました。

その日はとても運が良かった…、まだ店にありました。
私は「自分に買える値段であるか?」を確認した上で、
レジに向かい…。そして、遂に手にする事ができました。
私は、この時のことを忘れることはないでしょう。


ここからはゲーム内容について、ちょっとお話します。

上田作品は、操作画面でも絵になっている
というのが魅力の一つではないでしょうか。

カメラを駆使すれば、まるでイベントシーンのように見せる
ことが出来るぐらいなので、没入感はすごく高いと言えます。

巨像の攻略は、ゼルダの「謎解きの面白さ」に匹敵すると
個人的には思っています。そのぐらい、絶妙に調整されて
いて面白いです。

ワンダと巨像の公式サイト

あとは、公式サイトをご覧頂ければ、
ワンダと巨像の素晴らしさが、よく
分かると思います。

<余談>
今回は一つだけ情報を用意致しました。

Shadow of the Colossus - Trailer
ttp://www.youtube.com/watch?v=BZMqWEbYKRY

<余談2>
上田作品の特徴の一つに登場人物がとても少ないという
のがあります。これは、日頃ゲームをしていない人にも
楽しんでもらいたいという上田さんの想いから、このように
なっているのではないかと私は思います。

あと、ストーリーよりも世界観を楽しんでもらいたい
という趣旨の発言もしていましたので、そういうこと
も関係しているのかもしれません。

ちなみに、私は「ICOやワンダと巨像」
のサントラや攻略本を持っていたりします。
なかなか良い出来なので、作品が気に入った
方はぜひ買ってもらいたいですね♪
関連記事
スポンサーサイト



Home | Category : ゲームの感想 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top