• プロフィール

    アドル

    Author:アドル
    アイデアは、いろいろと思いついていますが、なかなか行動に移せないでいます。忙しいわけではありません。単にやる気が足らないだけです。なので、今、やる気を出す方法が考え中です。←

  • 訪問者カウンター

  • 現在、応援しているアニメ 1

    大人が泣けるアニメです。むしろ、子供以上に泣いてしまうかもしれません。 監督は、魔女の宅急便の助監督だった人。私が見た感想は、こちらです。

2009/12/24(Thu)

DSのマジカルバケーションをやってみた。

中古で買って、一度も遊ばずに積んだままになって
いたのですが、先日になってプレイを開始しました。

マジカルバケーション 5つの星がならぶとき
発売日:2006年6月22日
希望小売価格:4,800円 (税込)
ジャンル: RPG
プレイ人数:1人 (通信時6人)
備考;DSワイヤレス通信対応

*プレイ時間は5時間半ぐらい。

<最初の印象>

続編だからかもしれないが…、冒険へ出るまでの流れが
だいぶ唐突過ぎる気がした。もう少し丁寧に描いても良かったのではないか。
個人的には、もうちょっと普段の魔法学校の様子を見てみたかったので。

ストーリーやダンジョンが思いっきり一本道だったので、ちゃんと作ってあるのか、かなり不安になりました…。(^^;
本作は、「タッチペン操作」しかできないような仕様になっていたので、RPGだけど大丈夫なのかなと思った。
*ちょうど今、世界樹の迷宮と並行してやっているので。

<5時間ぐらいやってみた印象>

しばらくやっている内に出来は良いと分かり、私が少し誤解をしていたことに気付きました。
それについて解説していこうと思います。

・タッチペン操作について(移動に関して)

移動だけは、十字キーでも操作ができます。右利き、左利きの人にも対応しているため、
XYBAのボタンでも同様の操作ができる。

タッチペンを使って移動する場合、行きたい方向へタッチすると、ずっと自動で進み続ける仕様になっている。
参考にして下さい

あまり類を見ないタイプだが、上手く使いこなすことさえ出来れば、なかなか楽で便利かもしれない。
障害物に当たったりすると、止まるし、タッチする場所が主人公に近いか遠いかで、速度が変わったりします。
キャラクターやモノにタッチすると、そこまで自動で移動してくれて、話し掛けてくれるのは、なかなか楽で便利かも?

・一本道について(=ギミックが少ない)

棚とか調べれる所が全くなかったり、キャラクターのサイズがちょっと小さ過ぎるような気がするのは、間違って、
クリックしてしまわないようにするためなのかもしれません。

さっき書いた、自動で移動してくれる機能を入れると、いろんな所で思いかけず(間違ってタッチしてしまい)
反応してしまう可能性があるので、調整したのではないでしょうか。これは私の勝手な想像ですが。(^^;

道は一本道に近いが、たまにアイテムが落ちていたり、その時の星の位置で、宝箱が見えたり見えなかったり
するようなので、物足りなさは少し紛れると思います。

あと、ダンジョンが分かりやすいのは迷わないようにするためではないかなと個人的には思います。

・タッチペン操作のRPGについて(バトルに関して)

なんというか、全体の雰囲気が「目指したのはタッチペンで遊べる、初心者でも遊べるRPG」という感じなので。
それがよく分かるのが「バトル」でしょうかね。

序盤、敵のレベルはかなり低い感じなのです。魔法の効きにくい敵が出たら、物理攻撃を
すれば良いのだけなので、簡単です♪(ぁ

戦闘不能にさえ、ならないように気を付けていれば、誰でも勝てる感じですね。
でも、中盤ぐらいから、だいぶ変化(戦闘のバリエーション)してくるような雰囲気があります。
これはまだ、私も途中までしかやっていないので、よく分からないのですが…。
戦闘の流れは分かったので、お話します。

タッチペンを、効果的に使っていたのは攻撃魔法とジャストガードの部分ですね。
自分達が攻撃魔法を放つ時、タイミング良く、キャラクターをタッチすると、魔法攻撃力が
ちょっとだけパワーアップするというモノです。

ジャストガードも似たような感じで、敵から攻撃(魔法による攻撃でも可能)を受ける時に
「仲間キャラクター」をタッチすることで、ほんの少しだけダメージ量を減らせるというモノ。

どちらも意外と、タイミングを合わせるのに、たまに失敗したりするので、戦闘中に良い
緊張感を味わせてくれるような気がします。

でも、初心者にも優しいと感じさせてくれる部分も、いくつかあるんですよ。
例えば、MPは戦闘中に毎ターン回復するとか。(つまり、移動画面では回復しない訳ですが…)

これは魔法によって、やたら消費量が多かったり、キャラクターによって、最大MPにかなりの差が
ある所を見ると、戦略性を高めているだけな気もするのですが…、私は初心者向けだと思いました。

他にも、いろんな所にワープできる場所があったり、HPやMPを回復できる場所が多かったりしますが。
これはこれで便利で良いかも知れませんね。

たまに、回復アイテムが動き回っているのも良いです。(笑)基本的にどこでもセーブできるのも携帯機のゲームに
合っていると思いますね。

プレイが楽になると言えば…、戦闘のコマンドに、そのキャラクターがやった、前の行動が記憶されており、
それを1クリックでできるというものがありましたね。

あれも意外と便利なので重宝しそうです♪でも、たまに勘違いして凄いことをやってしまう
ことがあったりして…、ビックリしましたけどw

<総評>

こうやって見ていくと、今作の「要」になっているのは、バトルだと言うことが分かりますね。
1番ゲームらしさを垣間見えるのはここですから。まぁ、あと言えるとすれば。今作は
「目指したのはタッチペンで遊べる、初心者でも遊べるRPG」という感じのゲームということですね。

私としたことが、同じことを2度も言ってしまいましたが、まさにそんな感じなのです。
なので、DSの「タッチパネルの調子」が悪い方にはちょっとオススメできませんが。

「タッチペンで遊べるRPG」をお探しの方や「難しいRPGはちょっと苦手だ」という方には
ちょうど良いと思いますので、オススメしたいですね♪
関連記事
スポンサーサイト



Home | Category : ゲームの感想 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top